本日のニュースから気になった記事について、僕の独断で書いていきます~。


2017年12月24日、

ニューヨーク・タイムズが毎年恒例としている「絶対に行きたい世界52カ所」を発表したようです。

1位はカナダでした。

日本からは、大阪(15位)と沖縄(52位)がランクインしたそうです。

 

京都はランクインしていないのに、

大阪が15位にランクインしているのはすごいですねー。

これはもうハリーポッターがあるUSJのおかげでしょうか?

 

日本からは「大阪」と「沖縄」だけだとわかっているのですが、

他にどの国がランクインしているのか

特にトップ10を知りたいので、調べてみました。

スポンサーリンク




絶対に行きたい世界52カ所のトップ10は?

1位:カナダ

カナダは巨大で、面積で2番目に大きい国。

ほとんど探検されていない自然の驚異がある。

だそうです。

 

日本人としても、カナダは行きやすいところですよね。

留学生も多いですし、カナダはいいところだってよく聞きます。

一度は行ってみたいところですねー。


2位:アタカマ砂漠、チリ

世界最高の砂漠。

風に彫られた砂丘と、万華鏡のような広大な塩湖の異国的な風景は、多くの冒険者たちを引き寄せます。

 

チリなんて、よっぽどのことがないと行かないなーって思っていましたが、

この写真を見ると、冒険者の心がうずきますな!


3位:アーグラ、インド

タージ・マハールの向こうに、新しい場所があるそうです。

インドで最も速い電車と最長の高速道路が、

デリーとラクナウの移動時間を短縮してくれるので、

行きやすくなっているようです。

 

いろいろな良からぬニュースを聞くインドなので、

ほぼ行くことはないなと思っていましたが、

3位にランクインするなら、

行ってみてもいいかなとちょっとだけ思いました。


4位:ツェルマット、スイス

マッターホルンの隣にあるツェルマットは、

スイス初、世界でも2番目に古い電気アプト式鉄道のゴルナーグラート鉄道があります。

 

真冬には行きたくないですが、

できるだけ暖かい季節に行きたいですね。


5位:ボツワナ

アフリカの野生生物のドキュメンタリーとしてよく撮影されます。

「最後のライオン。」のスターである高齢のライオンに会うことができるかも。

 

観光客用にちゃんとした宿泊施設があるなら、行ってみたいかも。

こういうアフリカの宿泊施設って、

周りに動物がたくさんいるのに、

薄い布だけのテントのところとかあるから、心配です。


6位:ドゥブロヴニク、クロアチア

ダルメシアン沿岸で宝石を満喫。

石灰石舗装された通り、および高さ80フィートの壁周辺の古い町。

 

ここは美しいですねー。

観光としていってみたいですね。

こういう美しい場所ばかりがトップ10入りしていると思ったのですが、

ドゥブロヴニクで5位なんですね。


7位:グランドティートン国立公園、ワイオミング州

8月21日に、38年の間、米国で初の完全な日食を経験。

 

国立公園というところには、行って見たいですよね。

どこか名前は忘れてしまいましたが、

世界一大きい一枚岩のある国立公園に行ってみたいです。


8位:ティファナ、メキシコ

急成長中で、豪華なマンションの建築ラッシュ中らしい。

 

メキシコは行くのコワいですね。

安全なんでしょうか?

このランクは、どういう基準で選んでいるのでしょう?

治安の良さも考慮しているのでしょうか?


9位:デトロイト、ミシガン州

2015年に、デザインのユネスコ都市と名付けられた。

 

こんな場所があるのですね。

普通に日本で観光名所を調べていても、

なかなか出てこないかも。


10位:ハンブルク、ドイツ

これは、文句なしのトップ10入りですね。

古い町並みとライトの具合がとても美しいですね


しかし、このランキングの基準がわかりませんね。

日本では大阪が15位とは、

もっと日本で訪れてほしい場所はあると思うんですけど。

スポンサーリンク




こちらの記事もどうぞ♪