本日のニュースや話題の中から、

気になったことについて、僕の独断で書いていきます~。

1月11日放送の「VS嵐」にて、

お笑いコンビ・よゐこの濱口優が、

自身の特異な身体能力を明かしました。

ゲーム前のトークで、

「漁師の人から、千人に一人の耳・ダイバー耳を持っていると言われたらしい」

「普通なら水深1m行ったら耳抜きしないといけないけど、3mまで行ける耳を持っているらしい」

という話をしていました。

 

この話を聞いても、全然うらやましいとか、すごいとか、あまり思わないのは私だけでしょうか?(笑)

ですが、そんなダイバー耳なるものが本当にあるのかは気になります。

読者のみなさんもそこまで興味ないと思いますが、一応調べてみました。

スポンサーリンク




ダイバー耳って本当にあるの?

ダイバー耳という単語で調べてみたのですが、そんな言葉はないですねー。

有田と濱口が勝手に言っているだけなのかもしれません。

 

しかし、ダイバー耳という言葉はありませんでしたが、

耳抜きをしなくても大丈夫という話はありました。

人生で二度ほど、「耳抜きをしたことない」という人に出会ったことがあります。

一人はモルディブのクルーズで一緒だった人で、もう一人は今でも会社の同僚です。この二人、経験本数もそれほどないのですが、そもそもオープンウォーターの講習のときから耳に違和感を覚えたことがなく、耳抜きの必要性も感じなかったそうです。
引用元:http://moguring.com/article/35891613.html

しかし、耳抜きをしなくても大丈夫という話はこれくらいでした。

 

これだけ話がないということは、

ダイバー耳という耳抜きをしなくても良い人というのは、

本当に千人に一人くらいの割り合いなのかもしれませんね。
もしくは、本人いわく、濱口の鼓膜がやぶれているか(笑)

スポンサーリンク




ダイビングで耳抜きできないとヤバイの?

ダイバー耳という、ダイビングで耳抜きしなくて大丈夫な人を調べていて、

耳抜きの必要性について書かれている記事がたくさんありました。

 

私はダイビングをしないので、耳抜きの重要性がわからないのですが、

調べた限り、耳抜きってものすごい大事らしいです。

 

ダイビングで起こる事故は、

耳抜きができないことによって起こることが多いらしいんです。

耳抜きができないのに潜ったため、

「耳が痛い、中耳炎、耳閉感、鼓膜穿孔、めまい、難聴」

などに症状を起こすことがあるらしいです。

 

具体的には、

・0.7m潜ると、水圧で鼓膜に痛みを感じる

・耳抜きが出来ないまま、水深1.2mを超えると、耳管の通気ができなくなって障害を引きおこすことがある

・この状態を超えてさらに水圧がかかると、鼓膜穿孔・潜水性中耳炎などを起こす危険性がある

ということが起こるらしいです。

 

水に潜るくらいで、そんなことになるんですね。

黄金伝説のまねして、無人島で、耳抜きせずに潜って魚を取ったら、

耳がやられてしまうんですね。

 

もし無人島に漂流してしまった場合のことを考えて、

耳抜きの重要性を覚えておきます・・・。

スポンサーリンク




こちらの記事もどうぞ♪