今日の僕が気になったことを、つれづれ書いていきます。

同じく気になったら読んでください。

 

12月17日放送の「上沼・高田のクギズケ!」(読売テレビ)という番組にて、

占い師の細木数子氏が、70億円の巨大寺院を完成させたことが明らかになりました。

巨大寺院の場所は、京都にある自宅の裏で、

かねてより建設していたものが、やっと完成したそうです。

スポンサーリンク




70億円の巨大寺院の具体的な場所・住所は?

 

この話を聞いて気になったのは、

その巨大寺院は京都のどこにあるか、ってことです。

 

特に見に行こうとは思ってないけど、

一応どこかで話すネタとして、

知っておきたいと思いまして。

 

ネットやコネや情報網を使って調べた結果わかったことは、

その巨大寺院は、京都の嵐山にあるそうです。

 

だけど、具体的な住所まではわかりませんでした。

 

うわさでは、一部のガイドブックに、

嵐山の名所ともに紹介されているらしい。

 

巨大寺院は、京都の細木邸の裏にあるってことで、

住所がわかったとしても

掲載するのは控えたほうがいいのかもって思ったけど、

ガイドブックに載っているってことは、

細木数子氏、公認なの?

 

調べたところによると、

京都の邸宅裏のその巨大寺院は、

恩師である思想化・安岡正範の菩提寺として建造したという情報があります。

 

建築場所が細木邸の裏ですが、

建築物は寺院ですし、

一般の人に公開しても問題ないはず。

 

関西在住で、京都まで近いほうなので、

嵐山に行ったついでに探してみても面白いかも。

 

個人的には、

70億円の巨大寺院よりも

細木数子氏の別宅を見てみたいです。

 

どんだけすごいのか。

イメージ的には、

入り口にコワい人たちが護衛としていそうな気がするんですが、

そう思うのは、僕だけでしょうか?

美空ひばり記念館の代わりに・・・

 

2013年、嵐山の美空ひばり記念館も閉館してしまったので、

嵐山の新たな名所として、大々的に紹介してもいいのでは、と思います。

 

嵐山の竹やぶを見に行くときや、

トロッコに乗りにいくときは、

必ず通るメインストリートに建っていましたので、

ずっと気になっていました。

 

せっかくだからと

閉館間近に

美空ひばり記念館に行ってみましたが、

ほぼお客さんもいなく、

閑散としてましたねー。

 

嵐山のメイン通りに位置していたのに、

あれだけ人が来ないのではキツイと思います。

 

中は無料で入れて、

一部有料になっていました。

映像など一番見たいところは、有料でした。

 

さすがにお金を払ってまで見るほどファンではなかったので、

無料ゾーンのみで帰りましたが。

 

昔はすごかったのかなー。

スポンサーリンク




こちらの記事もどうぞ♪